「違和感」のたいせつさ

仕事柄他業種の方とお話しする機会もしばしばですが、勉強になることがとても多いです。

 

先日ある事件の関係でお医者さんに意見を伺ったとき、

 

「吉田さんが感じた違和感を口にされたことは、ご本人にとっても良いことですよ」

 

と言われました。

 

この事件では、ご本人の特性にどう配慮し、どう対応するか、あれこれ悩んでいたのですが、

この言葉ですっと目の前の霧が晴れました。

事件そのものはまだまだ予断を許しませんが、進むべき道がみえ、方針がよりフォーカスされて

きた気がします。

 

すべての事件にそのまま応用できるわけではありませんが、お話を伺う中で感じた「違和感」に

敏感になり、必要に応じそれを口にし、より真相に近づいていくことの重要性を改めて感じました。