京都の弁護士事務所です

京都市中京区の法律事務所です。

 

紛争の内容はもちろん、何にお困りか、あるいは背景となる事情など、あらゆるトラブルには一つとして同じものはありません。

 

「離婚」「交通事故」「借金問題」などの分類にとらわれず、弁護士に相談しようと考えたお気持ちや不安に思われていることなど、ありのままお話し下さい。

 

あなたのお気持ちを受け止め、しっかりと理解したうえで、法律専門家として、最善の方策を一緒に考えていく、それが私のスタンスです。

 

弁護士 吉田雄大

ブログ

夏季休業のお知らせ

8月12~19日は勝手ながら夏季休業とさせていただきます。

この間は事務局が出勤しておりませんので、対応が十分行き届かないことがございます。何卒ご容赦ください。

 

0 コメント

年末年始のお知らせ

年末の営業は12月25日まで、年始は1月5日からの営業とさせていただきます。

12月26日から1月4日までは事務局が出勤せず、何かと行き届かないことがあると思います。何とぞご容赦下さい。

0 コメント

夏季休業のおしらせ

8月6~16日は勝手ながら夏季休業とさせていただきます。

この間は事務局が出勤しておりませんので、対応が十分行き届かないことがございます。何卒ご容赦ください。

0 コメント

神輿のたのしみ

「この日のために1年間がんばろうと思えること」を、皆さまもそれぞれお持ちのことと思います。私の場合はそれが、祇園祭で神輿を担ぐことです。2004年以来毎年、7月17日(神幸祭)と7月24日(還幸祭)に担がせていただいております。


私が参加させていただいているのは八柱御子神(ヤハシラノミコガミ)の分霊を乗せる、八角形の形をした西御座(錦神輿会)ですが、この他にも、六角形の、素盞嗚尊(スサノヲノミコト)の中御座(三若神輿会)、四角形の、櫛稲田姫命(クシイナダヒメノミコト)の東御座(四若神輿会)があります。四若神輿会は少年部を持ち、いわゆる子ども神輿として東若御座を受け持ちます。

かつてはすべての神輿を三若が担当していたそうですが、輿丁が不足したため江戸末期ころから四若が加わりました。錦は第2次世界大戦後から加わった、比較的歴史の浅い神輿会です。西御座は「ミコガミ」の名のとおり、中御座・東御座の子どもですから、他の神輿に出会ったときは必ず順番を譲り、待つことになります。


このため必然的に終わるのは遅くなり、毎回神幸祭では23時ころ、還幸祭は最後の拝殿回し(必見!)が終わるのは深夜0時ころになります。なお、八坂神社ホームページhttp://www.yasaka-jinja.or.jp/event/gion.htmlでも、神輿の巡行マップが公開されています。今年の神輿渡御は終わってしまいましたが、また来年も参加したいと思います。

1 コメント

絶好調

一昨日~昨日と東京出張で、会議続きでした。

 

ここのところ毎週、東京その他の出張が入り、溜まった仕事を早朝や土日にこなし・・・という生活が続いています。睡眠不足も続き、なかなか疲れも取れませんでした。依頼者の方からのお電話でも、「忙しいところすみません・・・」などと言われたりして(!)、恐縮することしきりでした。

 

ところが、東京の実家で久々の9時間睡眠を取ったところ、今日は頭の回転も起案も絶好調!

やはり人間、眠らないとダメだ・・・と、あらためて思いました。

しかし昨晩は溜まった仕事をしてしまい、元の木阿弥になりつつありますが・・・。

 

このバタバタの状況は当分続きそうですが、しっかり睡眠をとって、乗り切りたいと思います。

0 コメント