自信の源

前回のこの欄で、「副次的な効果もあった」と、思わせぶりなことを書きました。

 

それは何かと言いますと、ある事件で相手方として対峙した方から、その事件の終了後に別件のご依頼をいただくことが何度もあった、ということです。弁護士経験丸14年の中で、おそらくは片手ではきかない数はある筈です。

あまりイメージしづらいかもしれませんが、とても珍しいことだと自負しています。しかもその中には、この偶然の出会いをきっかけとして、その後度々事件をご依頼いただいたり、別の顧客を紹介してくださったりする方もおられます。

 

私自身がいわば「敵の代理人」としてそれまで行動していたわけですから、事件処理の中で少しでも不誠実な行動を取ったり、あるいは対応の甘さを見せたりしていたら、その後のご依頼は決してなかった筈です。自画自賛になり恐縮ですが、常にフェアな交渉を心がけ、しかも依頼者の利益をしっかり守ることができたからこそのことだと思います。

 

これは私のちょっとした、けれどもとても大切にしている、自信の源のようなものです。

エイプリルフールではありませんから、念のため。。。