日々雑感 by 事務局

本日、京都三大祭のひとつである「時代祭」が開催されます。

時代祭は、平安神宮の創建と平安遷都1100年を奉祝する行事として、1895年(明治28)に始まりました。第1回目は10月25日に行われ、翌年からは、桓武天皇が794年(延暦13)に長岡京から平安京に都を移された日を“京都の誕生日”として10月22日に行われています。
ご鳳輦に乗った桓武天皇と孝明天皇のご神霊に、京都市街の安泰と繁栄、進化をご覧になっていただき、各時代の行列がご鳳輦のお供をします。行列は明治維新から始まり、次いで江戸、安土桃山、室町、吉野、鎌倉、藤原、延暦と8つの時代を20の列、牛や馬を含む総勢約2000名で構成され、約2kmもの長さで約3時間にもなります。綿密な時代考証を重ねられた衣装、祭具、調度品は1万2000点にも及び、京の伝統の技をもってそれぞれの時代を細部まで再現されており、その豪華絢爛な行列はまさに“生きた時代絵巻”です。

時代行列は、12時に京都御所の建礼門前を出発し、平安神宮に向かいます。烏丸通りを南進して御池通りを東に進み、13時頃に御池寺町あたりを通る予定です。

裁判所や当事務所にお越しいただく皆様、本日は交通規制がございますので、どうぞお気を付けてお出かけください。